Shiba歯科情報

基盤台数を何で増やす!

受注率を改善することは、取りも直さず「営業力向上」と「管理の強化」にかかっている。どちらも必要なことで、一瞬たりとも気が抜けないが、先ずは、基盤客を増やすことにする。

基盤客が増えれば、販売台数にプラスになるばかりか、他の付加価値販売にもプラスになる。なんといっても、取引客の数が最後にモノをいうのだ。

基盤客とは、自社取引がある台数だ。車両購入客だけではない。サービス取引客も基盤客である。このサービス取引客を増やすには、「車検」と「オイル」だNissan OBD2

なぜ、車検とオイルかと言えば、実施サイクルが短いからだ。
車両の代替サイクルは、3回目の車検から4回目の車検前後が一番多いはずだ。

c0368926_10451277.jpg

そうすると7年から9年も待たなければ取引のチャンスが巡ってこない。これでは、基盤客を増やすには日が暮れてしまう。

ところが、車検は2年ごとに巡ってくるし、オイルに至っては半年サイクルで巡ってくる。この取引サイクルが短いサービス商品で、なおかつ呼び込みできるのが、車検とオイルなのだVolkswagen故障診断機

この二つの商品で、サービス取引ができれば、車両に関する情報とオーナーに関する情報の収集ができ、代替促進などのタイミングを図って、積極的なアプローチができる。

車検やオイル以外でも取引きっかけになる商品があれば、積極的に営業活動して、基盤客を増やすことだ。

[PR]
by higuchimayumi233 | 2015-12-11 10:45 | 歯科
<< どうしたら残業が減るか 事業目的とメリット&デメリット >>



ドコモ・システムズの位置情報サービス。